デンタルフロスの歌

ロックとディズニー好きのリベラル野郎です。

Prequelle/ Ghost(2018)

多分、今欧米と日本で最も評価の差が著しいバンドがGhostだ。

日本では最近ようやく名前が知られてきた程度だが、欧米ではフェスのヘッドライナークラスの超大物となっている。メタルを背負って立っているといっていいすぎではない。

とはいうものの。

Ghostのアルバムは全て聴いたが、率直なところ、なぜ欧米でここまでGhostの評価が圧倒的なのか、僕にはあまりピンと来ていない。

素晴らしいアルバムを連発する「とてもいいバンド」だと思うが、フェスのヘッドライナー級、とまではちょっとまだ思えない。良さを理解出来ていない、という訳ではないと思うのだけど・・・。


いずれにしても、HR/HM好きなら、いやロック好きなら、今このGhostというバンドのことは知っておくべきだと思う。

昨年リリースされたアルバム「Prequelle」はMetal Hammer誌で2018年のアルバムオブザイヤーに選ばれ、グラミー賞にもノミネート。しかも今どき、メタルなのに全米チャート3位に入った。



「Rats」のMVを見れば、彼らの妖しい世界観に魅了される理由は分かる。
見た目が白塗りヴォーカルと恐めの金属マスクを被ったメンバーなので、デスメタルブラックメタルかと最初は勘違いするけど(ジャケットも暗黒度100%)音楽的にはメロディを重視したメランコリックなハードロック。
と、一言で片付けたくないほど、Ghostのサウンドは古くて新しい。
1970年代ホラー風のダークな世界観にして妙なセクシーなオシャレさ、そして音楽のキャッチーさ。
今作はこれまでで一番ポップ色が強い。
日本のハードロックファンには響くサウンドだと思うのだけど、なぜここまで日本のレーベルがGhostをスルーしてしまってるのかは分からない。


欧米ではアルバムオブザイヤー筆頭候補の1つであるだけに、曲のクオリティは極めて高い。


切れ味鋭いロックンロール調の「Rats」「Dance Macabre」「Witch Image」、妖しくまったりとした「See The light」「Light Image」、プログレ調のインスト曲など、10曲42分があっという間だ。


多分、欧米と比べると収入が見込めないので今回の来日はないと思う。

Ghostが今の世界のメタルシーンの顔であることは間違いない。まだ聴いたことがないのなら、絶対聴いておいた方がいい。

恵方巻きに社員総出で取り組む日本企業のコスト意識の薄さ

年々、恵方巻きについての疑問の声は高まっている。

その中心は恵方巻きの大量廃棄がもったいない、ということなのだけど、そこにしか目が向かない時点で日本企業、日本サラリーマンの経営意識の薄さが露呈していると僕は思う。


恵方巻きの大量廃棄は、大手小売店に取っては痛手ではあるものの、通常致命的な問題ではない。大量廃棄したとしても売り上げ分で利益を確保できるのなら、その施策はやった方がいい。


そして恐らく、毎年やっているということは収支表上は利益が出せている、ということだと思う。


でも一番の問題は、恵方巻きを売る為にあまりにも多くの人が動いているということだ。人が動くことがコストであるという感覚を、日本のサラリーマンの多くは持ち合わせていないように思う。
いや、知識としてはもちろん分かってるんだろうけど、肌感覚で捉え切れていないと感じるのだ。


年収500万の社員だとすると、時給は約3000円だ。社員1人を1時間拘束することは、3000円のロスに繋がる。


恵方巻きを売る為にどれくらいのコストが掛かっているだろうか?


「今年の恵方巻きのテーマを決めましょう」
という段階で、担当者が数時間掛けてパワポを作成し、上司を拘束して相談。社員数人の前で発表し、正式な企画に入る、材料の仕入れと流通に関する企画を関係部署に相談しながら決め、取引先と交渉。コスト感覚の承認を取る為に上司もその上司も巻き込んで相談。大抵、もう一度を見積もりを取ることになるだろう。コストと大枠が確定したら全社に報告する為の資料作り。広告代理店と打ち合わせをし、広告費用について上司やその上司と相談。レイアウトはどうする?アルバイトを雇う?折り込みチラシも入れる?新しくのぼりを作る?全部上司に相談。各店舗の店長が準備に追われる。アルバイトやパートにオペレーションを説明し、前日は徹夜。当日は社員総出、臨時アルバイトも雇い販売実施。


この見えないコストはどう安く見積もって数百万円、大規模展開スーパーであれば1億円以上かかるだろう。
これは収支表に上がる「アルバイト費用」「材料費」「販促費」は別にかかっているコストである。
それに加えて、その社員やアルバイト全てが使った時間で稼げたはずの収入もロスしている。


恵方巻きを売って、まかなえるだろうか?


毎年継続することで、「ああ、ここのお店は季節にちなんで色々仕掛けてるんだな」と思わせるブランド効果はもちろんあるかもしれない。


けどもう世の中が「由緒もないし、恵方巻きをここまで推す必要ってある?」という空気になってしまってることにも注意した方がいい。


僕は外資系で働いていたが、社員の収入に見合わない仕事はボランティアやチャリティー以外の目的ではしなかった(全ての外資がそうだ、ということではない)。


年収1000万円の人間5人を丸一日拘束することは25万円のコストであり、しかもその5人が働いて稼げたはずの収入を全て失うことになるからだ。

そして大事なのは、それは会社の金ではなく、株主の金だということだ。


会社はお金を出している株主の所有物であり、社員は利益を株主に還元する為に働いている。それが軸であり、他のことは枝葉に過ぎない。

毎年恵方巻きを売ることを、当然株主側も承認している。でもその為に実際どれくらいの損をしているのか、という詳しい実態まで伝わってはいないだろう。


恵方巻きは、僕も一応食べる。
1人くらいなので、夜余って捨て値で売ってるのも買ったりしている。
けど株主の金や労働力を大量に無駄にするのなら、もう辞めた方がいい。
継続するなら、廃棄を削減するのはもちろんのこと、出来るだけ人を動かさないやり方を検討した方がいいと僕は思う。

Greatest H.E.A.Ts/ H.E.A.T(2018)


すでにメロディアスハードの第一人者としての地位を築いているスウェーデンのH.E.A.T初のベストアルバム。


メロハーバンドとしては珍しくその評価は欧米でもほぼ同様の物となっている。というかFair Warning辺りが全く知られていない分、H.E.A.Tについては欧米での方がやや評価が高いように感じる。Fair Warningが欧米でスルーされた理由は、マジで全く分からない。
あんなにすごいメロハーバンドが他にいただろうか、いやいなかった。


5枚のアルバムからバランス良く無難に選曲されている。ジャケットもタイトルも、ちょっとやっつけ感がある(まあタイトルはそれ以外ないか...)。


ケニー・レクレモヴォーカル時代の1st「H.E.A.T」と2nd「Freedom Rock」からはそれぞれ4曲と2曲。僕は今のところ2ndが最高傑作と思っているので、2曲は少し寂しいけど、まあ仕方ない。やはり現行ヴォーカルのエリック君時代を中心に収録した方がいいというのも良く理解できる。
エリック加入後の3rd「Adress The Nation」4th「Tearing Down The Walls」5th「Into The Great Unknown」の3枚からはそれぞれ4曲ずつ。


前任者も素晴らしかったけど、3rdで新しく加入したエリックは、ルックスの良さを差し置いても、本当にいいヴォーカリストだ。

オーディション番組出身ということもあり最初は半信半疑だったけど、彼はロックシンガーヴになるべくして登場したヴォーカリストだと感じる。ライブパフォーマンスも圧巻なのでライブ版を1〜2曲ここに収録しても良かったんじゃないだろうか。


メロハー界隈はおじさんバンドが多い中で、メンバーみんながシュッとした若者だというのも、正直売れてる理由ではあると思う。

新ヴォーカリストとしてエリックが迎えられた
時の写真を見た時は「顔採用じゃねえか」と思ったけど、彼は本物でした。
ありがとうございます。


※典型的メロハーバンドイメージ図



※H.E.A.T




最新作の5枚目「Into The Great Unknown」では典型的なメロディックハードにとらわれないダイナミックなサウンドを取り入れ、作風が少し変わった様に感じた。アメリカを意識しているのだと思う。僕はそれをポジティブな変化と捉えている。


もしH.E.A.Tが80年代のバンドだったら、それこせBon JoviDef Leppardに匹敵するようなスーパースターになっていたかもしれない。それくらいのことをやっているし、「時代」以外に売れない理由が一つも見当たらないすごいバンドだ。ふとしたきっかけで、H.E.A.Tの名を世界中が知る時が来るかもしれない。




いじってしまったので先にPride of Lions。メロハーマニア感涙にむせぶ素晴らしい曲を作ります。






2019.1 月間ベストアルバム

Been Meaning to Tell You/ Ina Forsman(2019)


フィンランドの24歳のシンガーソングライター「イナ・フォルスマン」の2ndアルバム。
これは素晴らしい。
ジャンルはブルースとされているみたいだけど、ピアノ、ギター、サックスを多用していて曲調はバラエティに富んでいる。
もちろん全曲彼女自身が作曲した。

オススメ曲いくつか。


1.Be My Home
ピアノベースの賛歌的バラード。ただでさえいい曲なのに2分を過ぎた辺りからのコーラスの合唱は神々しさすら感じさせる。それがあまりに早く終わってしまうのが何だか切ない。1曲目でこれか。


2.Get Mine
性急感のあるラップヴォーカルと、ライブ感満載のコール&レスポンス。このコール&レスポンスは完全にゴスペルのそれ。最初からバックで変態の兆候を現していたギターとキーボードが途中から変態的に大きく絡んでくる。ラップの中でクシャミと「Bless you」を入れてくるのもいい。かわいい。


3.All Good
70年代モータウン風のポップでチープなソウルチューン。ピアノとサックスの絡みがとても心地よいゆったりした曲。


4.Genious
サックスありコーラスありのノリの良いソウルチューン。終盤の絶唱がとても良く、ここでもギターワークが変態的に冴える。この曲とかを聴くと、Duffyにとても近いものを感じる。


5.Whatcha Gonna Do
5曲目と6曲目は誘惑系の曲かと思ったんだけど、良く聴くとセクハラ反対をテーマにした歌のようだ。この曲はあまり盛り上がりを見せないところに逆に怒りを感じる。
日本で女性歌手がセクハラ反対をテーマにした曲を普通に出せるんだろうか。リリースされた途端ワイドショーで取り上げられて「どう思いますか?疑問の声も」とか街角インタビューとかやりそうな気がする。
妄想です。



8.Figure
アルバムハイライトの1つ。ピアノ弾き語りでレディーガガばりの絶唱を見せる。



9.Who Hurt You
これも最高にポップなモータウンサウンドティービーワンダーの曲だ、と言われても疑わないくらい良い曲。歌詞も傷ついた女の子を元気付ける系でとてもいい。


12.Sunny
最後はゴスペル風のアカペラで締め。


特にレーベルが激推ししてるような様子でもないので、どこまで伸びるのかは怪しい。けど70年代ポップソウルの範囲内でブルーズ、ゴスペル、ジャズを昇華させる作り方は現代版の進化形モータウンと言って良く、最高です。



再生数7000か・・・

詩は音楽にならなかった言葉であり、音楽は言葉にならなかった詩である。


好きな人に告白するのは難しい。
どんなに好きなのか気持ちを何とか伝えたいのに、それを表現できるくらい劇的な形容詞が見つからないからだ。
事前に言葉を考えるんだけど、「こんなもんじゃないんだよなあ・・・」と思いつつ、一応これで行くか、と結論付ける。


だからいざその場になるとウダウダと長くなることがある。
僕も西郷山公園のスロープで4時間も相手を立たせっぱなしで気持ちを伝えようとしたことがある。悪いことをした。
女性の皆さんも男の告白の下手さは大目に見て頂きたい。
むしろ、奇妙な告白であればあるほど、相手の気持ちは強いと思ってもらっていい。
あと告白中になぜか泣き出したりするキモい奴も、かなり本気だ
僕です。
取り乱してすみませんでした。


タイトルのヘルマン・ヘッセの言葉は、その通りだろうなあ、と思っている。


論理的に言葉で言い表せないけど、なんとかして表現したい気持ちが、自然と音楽になるんだと思う。

であれば、今の音楽の大半が恋愛に関わることなのも、まあ分かる。
恋愛は多くの人に取って一番身近な劇的体験だからだ。


だから巷にあふれる音楽がどれもこれも会って嬉しい、別れて悲しい、になっていることを僕はしょうもないとは思わないし、下らない歌詞だ、とも思わない。


思わないけど、自分だって似たような体験してるしなあ、という気にはなる。
それを共感と呼ぶ訳だが。


だから恋愛以外のことを歌っていて、しかも「人生明るく行こうぜ」みたいなシンプルなポジティブ風の歌詞じゃない場合、少し気になる。


この人何があったんだろうか、と思う
共感しようがしまいが、そう思う。


歌詞を良く読んだり作曲者の背景を調べたりすると、ある組織や社会への反抗だったり、集団からの孤立であったり、という意味だったりして面白い。
この時これについてめちゃくちゃ怒ったり悲しんだりしてたんだな、と分かる。


性的な隠喩だったりすることも多いけど。
Judas Priestの「Jawbreaker」が男根についての歌だったことを知った時は死ぬほど驚きました。


今はAIにも名曲を書くことが出来るらしい。
メロディ的には、多分いいものが書けるんだろうと思う。
でも音楽には意味がある。
歌詞があろうがなかろうが。
出来ればそれも味わえるような曲もAIが書けるようになったらいいのに、と思ったのだけど、AIには人間的な背景が無いのでやっぱりつまらん。告白したいのに何て言えばいいのか分からなくて泣いちゃうようになってから出直して頂きたい。



AIが書いた曲。 悪くな...つまらない曲だ。

Piano and Microphone/ Prince(2018)


プリンスの未発表曲は全部で10000曲分以上あるらしい。
1万曲って。

これは1983年自宅スタジオで収録されたピアノ弾き語り音源集。
去年発売された。

音源集というか、自宅のピアノを適当に弾きながら歌ってたのをたまたまカセットに録音してた、くらいの内容に聴こえる。プリンスが生きてたら絶対リリースはしてない。なので作品ではなく、あくまでもたまたま日の目を浴びることになった「音源集」。


プリンスの音楽を難解だという人がいる。
というか結構多いと思う。
確かにプリンスの音楽はマイケル・ジャクソンみたいな爽快感のあるポップスではないのだけど、実際には驚くくらいシンプルだ。
ただジャンルの垣根を無視しているから、その枠組みにとらわれがちな聴き手としては「この人なにがしたいんだ」と思えてしまう。それを「難解」と勘違いしてしまっているだけのことだ。
変な曲は多いが、難解ではない。


「音楽にジャンルは関係ないよ」とミュージシャンはみんな言うだろうが、それを地で行ってるアーティストはそうそういない。
だから聴き手も完全にフラットで聴く、という行為にはどうしても慣れないのだ。
ノンジャンルだと受け入れて聴けば、プリンスの音楽は恐ろしいくらいにシンプルだ


この音源集は最初から最後までプリンスの歌声とピアノの音だけなので、プリンスと言われて
イメージするサウンドとは真逆。
とても音が生々しく、迫力がある。プリンスが鼻をすする音まで聞こえる。
デジタルサウンドやエフェクト無しの曲の骨格をピアノと歌声だけで聴くことができるので、プリンスの音楽が分かりづらいという人は聴いてみるといいかもしれない。

オススメの何曲か。


2.Purple Rain
リリースされる1年前の、多分まだ制作中の1分半だけの音源。完成形とはだいぶアレンジが違う静かな印象だけど、これはこれでとてもいい。


4.Mary Don't You Weep
アメリカの黒人霊歌(宗教歌)。プリンスの美しすぎるファルセットや暴走寸前の唸るような歌声が聴ける。プリンスのアカペラに近いような歌声を楽しめるのもこの音楽集の素晴らしいところ。


5.Strange Relationship
4年後の名盤「Sign O' Times」に収録されることになる曲。80年代のプリンスはほぼ毎年アルバムをリリースしていたものの、それでもアルバムごとにコンセプトを絞らないとリリースが追いつかないような状態だったので、少し時期を待ったのだと思う。


6.International Lover
「1999」に収録されたバラード。ピアノだけバージョンでこれを聴けるのはありがたい。それにしても当たり前だけど、ピアノが信じられないくらいにうまい。ピアニストとしてだけでも超一流レベルで食ってけるくらいうまい。


7.Wednesday
未発表曲。静かなファルセットで歌う素晴らしいバラード。未発表曲であることに驚愕する、こんなのが1万曲がプリンス邸の金庫にしまわれて管理されてるんだろうか。2分だけの音源だけど、プリンスならこれをどんな風にプロデュースしてただろう。


9.Why The Butterfly
多分、完全に作曲している様子の音源。一つのコードを繰り返しながら色々なヴォーカルスタイルを載せていくプリンスの様子が伺える。たった一つの音だけから曲を作り上げかけているプリンスの天才っぷり。


このピアノと歌声の音源集だけでプリンスの才能の全容を理解することは出来ない。
プリンスは作詞、作曲、編曲、プロデュース、ヴォーカル、ギター、キーボード、ベース、ドラム、全てを世界最高レベルでこなした音楽史に残る天才だ。
1人でそれを全てこなしてしまっていたからこそ、ピアノと歌声だけで曲の骨格を見ることができるこの音源集はとても貴重。
でもこれがリリースされたことを知ったら、プリンスは多分怒る。


欧米のレコード復権の波は、遅かれ早かれ日本に来る。

何年か前から日本でも一部の音楽ファンの中で「レコードが熱い!」「レコード女子」とか言われたりしてるけど、これはオシャレアイテムとしてレコードを扱っている向きが強く、音楽文化として復活したとは今のところ言いがたい。


普通の人が音楽を聴こうとした時、「レコードを買おう」という選択肢はほぼ無いだろうし、そもそも新作アルバムで、レコード盤が販売されることがまずない。


あり得ない、と思うだろうか。

欧米ではブームを超え、完全にレコードで音楽を聴くという文化が復活している。

今のレコード売り上げは1980年代後半、つまりリアルタイムでみんながレコードを買っていた時代と同水準に戻っているのだ。

もちろんCDやダウンロードの売り上げを遥かにしのいでいるし、ロックアルバムも、サイドA、サイドBを意識した構成が復活した。



これはちょっと予想しなかった事態だ。


日本ではまだCDが売れ続けているが、欧米(というか、日本以外ほぼ全ての国)にはタワーレコードHMVのようなCD屋はもうほとんど無い。

日本でCDが売れ続けるのは音楽業界の保身的な体質のせいだと思うのだけど、それはまた別の話。


とにかく、音楽は間もなく完全にデジタルだけの物になる、とみんな思っていたのだ。


でもそこに物足りなさを感じたのは驚くべきことにアナログを知らない若者だった。


デジタルで大量の音楽に触れた若者は芸術としての音楽を知り、その本来の大きさのジャケットや歌詞カード、レコード盤を所有して味わいたいと思うようになったのだ。僕もこの気持ちはとても良く分かり、好きなアルバムのアナログ盤を中古で買うことが良くある。



使い捨てのような気分で聴くのと、スピーカーに向き合ってジャケットや歌詞カードを見ながら最初から最後まで聴くのではやっぱり違う。


この気持ちを最近の若者は分からないのだろうなあ、と思うのは間違いだ。


いずれ数年すれば、日本にもこの波は来る。

まだ多くの日本に若者はその感覚を味わったことがない、というだけの話だと思う。


何も知らない若者にはアイドル音楽を与えていれば大丈夫だろう、と思っている日本の音楽業界のオヤジ達は、すぐに思い知らされる。

若者の感性を舐めちゃいけないのだ。


特に今の音響でレコード盤を聴くと、今まで聴こえなかった音も聴こえるようになっていて、音楽の自然な生命力とか躍動感を感じられるようになっている。

アナログ盤を聴いたことがないという人も、昔聴いたけど20年くらい聴いてないという人も、騙されたと思って今の音響でもう一度聴いてみてほしい。
懐古主義では片付かなかった理由が分かるはずだ。