デンタルフロスの歌

音楽、歴史、ディズニーの大冒険

ポカホンタスの物語。

1607年。
ヴァージニアの自然豊かな野山にイギリス人がやってきた。
銃を手にし、容赦なく攻撃を始めた。
先住民は激しく抵抗し、戦いは何日も続いた。

勝ったのは先住民。
「おい、この野蛮な白人どもを皆殺しにしてやろうぜ。」
血気盛んな先住民は口々にそう言った。

しかし酋長は言った。
「止めろ。言葉は通じないが、彼らも人間だ。我々と同じように家族もいる。彼らも幸せな暮らしをしたいと願っているはずだ。食糧を分け与えてやろう。」

こうしてイギリス人と先住民は少しづつ交流を始めた。
しかし食糧を得たイギリス人は計画を実行するタイミングを図っていた。
計画とは、この地を自分たちの物にすること。
その為に必要なのは、酋長の娘だった。

そしてある夜、ポカホンタスはイギリス人に手足を縛られ、村から連れ去られた。

イギリス人は言った。
「この酋長の娘に言葉を覚えさせよう。おい、いいか、これから英語を使え。俺たちと生活を共にし、俺たちの神を信じるんだ。」

ポカホンタスは答えた。
「私たちの部族が攻撃されないのならば、私は従います。」

こうして彼女は英語を覚え、キリスト教の教会で祈りを捧げる生活を送った。

数年が経ち、野山を駆け回っていたインディアンの少女は、貴族と同じ帽子をかぶり、コルセットを体に巻き、ドレスに身を包んでいた。

彼女はイギリス人の妻となり、子供を産まされていたのだ。
ポカホンタス、これがロンドンだ。世界一の大都市だ。良くその目で見ておけ。」

ロンドンに連れて来られた彼女が目にしたのは、見たこともない光景。
人がひしめき、街は汚れ、川はゴミで溢れている。
「こんなの人間が住むところじゃない。」
彼女は手を引かれ、街中を歩いた。

彼女は見世物だったのだ。

「諸君、この女性を見たまえ。野蛮な原住民も我々と同じように、文明的になることが出来る。我々のアメリカ進出は、未開の地に文明をもたらす、正義の戦いだ。」

ポカホンタスは毎日泣いていた。
「祖国に、あの野山に帰りたい。」

願い虚しく、彼女は異郷の地で病に倒れ、21歳の若さでこの世を去った。

ポカホンタスは、我々に心を開いたアメリカインディアンのプリンセス。文明化のヒロイン。」

そんな文字が新聞に踊り、彼女の死はその後、植民地を正当化する宣伝に利用されていったのだった。

ラフカディオ・ハーンの物語。

彼はいつも自分のルーツを探していた。

父親はアイルランド人、母親はアラブ系のギリシャ人。
しかし両親は彼が4才の時に離婚し、彼は親戚に育てられた。両親の記憶はほとんど無い。

「僕は自分のルーツが分からない。どこにいてもしっくり来ない。僕の居場所はどこにあるんだ。」

学校を出ると彼はアメリカへ渡った。
文章を書くのが好きだった彼は自分の視点で見たアメリカでの出来事を書き、新聞に投稿した。
その記事は高く評価され、彼は新聞社の契約記者として抜擢された。
しかし彼の心にはまだモヤがかかっていた。

新聞の仕事は楽しい。
ただ僕の居場所は、このアメリカじゃない気がする。

ある日ふと彼の目に、後輩の記者が書いた記事が飛び込んだ。
それはその記者が世界旅行をしたことを記した記事。
その中でもひときわ彼の目を引いた文章があった。

「ほとんどの人は知らないだろうが、その国はとても清潔であり美しい。住んでいる人々は文明社会に汚染されていない。まるで夢のような国だ。」

気づいた時には彼は船のチケットを買っていた。

あの記事に書かれている夢のような国、それが僕が求めている場所なのかもしれない。

一路彼が目指した国、それは日本だった。

彼を乗せた船は横浜港に入った。
初めて日本の地を踏んだ彼はその光景に驚いた。

何という国、何という秩序だ。

屋敷は全て緻密な作りで整然としている。
人びとの暮らしの中に細やかな芸術が宿っている。
文字も美しい。曲線を多用していて、それはまるで人々の心を表現しているようだ。

きっと僕は、この場所に長く居ることになる。
来日初日で彼はそう直感した。

彼はその気持ちを文にしたためた。
「日本はルーツを持たない僕を受け入れてくれた。僕も日本のこの秩序の一員になってもいいんだ。何て居心地がいいんだろう。僕はまるで千年もここに住んでいるようだ。」

やがて彼は契約していたアメリカの会社とは袂を分けた。
そして日本の文化を書き記しながら、英語の教師として生きる道を選んだ。

「いいですか。英語というのはこれから開かれた国になる為に、大切な物になります。しかしもっと大切な物があります。私が日本に来て感動した美しい物、この世界の中でここにしかない居心地を作っている物、それは伝統と新しさを見事に調和させた街並み。そして、箸置き、手ぬぐい、陶器、そういった日用品が全て芸術品であること。みな、ここにしか無い物です。大切にして下さい。」

東京帝國大学で教鞭を取りながら日本文化を世界に知らせる活動を行ったパトリック・ラフカディオ・ハーン

日本名は小泉八雲と名乗った。

米山 稔の物語

父親は下駄の職人。
木材を仕入れて加工し、下駄にして売る。

幼い彼は、売った下駄の代金の回収を命じられていた。
「うちには今払える金なんてないよ。帰った帰った。」
貧しい新潟の田舎で、どの家を回っても下駄の代金は払ってもらえない。
そうする内に、材木の問屋が家に乗り込んできた。
「おい、下駄屋。3か月分、材料代が滞っているぞ。早く支払え。」

両親は畳に頭を擦り付けて謝った。
柱の影でそれを見ていた彼は
「早く家を出なければ。早くお金を稼がなければ。」
そう強く思った。

それから数年。
日本は戦争に突入し、彼は実家を出るため、軍隊に志願した。
配属されたのは沖縄の特攻隊。
日の丸のはちまきを締め、出撃命令を今かと待った。
「俺は死ぬ。もう新潟へは帰れない。」

しかし本部の方針が変わり、特攻隊の出撃は取りやめになった。
九死に一生を得た。
そう思ったが、まだ激しい戦闘は続いていた。
彼は手榴弾を手に、連合軍と戦うことになった。
自動小銃の雨が降り注ぎ、仲間は次々と死んでいった。

「今度こそもうダメだ。」

そこへ空から日本の降伏を知らせるビラが舞ってきた。
「なんだって?日本が降伏した?戦争が終わった?俺は死ぬと思ってたのに。これから俺はどう生きていけばいいんだ。」

彼はとぼとぼ新潟へ戻った。
家にあるのは、下駄作りの木工の道具だけ。

「これを使って何かやるしかないのか。」

漁船で使う木製の浮き、薬を入れる木箱、彼は作れる物は何でも作った。
しかし思うようには売れない。

「いいんだ。俺は一度死んだ様なものだ。あの時の辛さに比べたら、借金が増えるくらいなんてことはない。」

彼は全国を回り、木工製品を売り歩きながら、次に何を作るべきか考えた。

ある日彼は取引先の会社に紹介されて見学した、スポーツ用品でそれを見つけた。

「これなら俺の道具で作れるかもしれない。」

彼は工場長に頭を下げた。
「下請けでいいんです。どうかこれをうちでも作らせて下さい。」

何度も断られた。
しかし彼は床に頭を擦り付けた。

親はいつも土下座していた。
戦地で死ぬことを思ったら、土下座なんて幾らでもする。

「しょうがない。いいものが作れたら採用しましょう。」

根負けした工場長は彼に仕事を依頼し、彼はこのチャンスを逃すまいと、夜も寝ずに製品を作った。
こうして彼が作り上げたのは、これまでに無い高品質のバドミントンラケットだった。

その後、この会社が倒産した時も、工場が火事で全焼した時も、彼はめげなかった。

「なに、俺は一度死んだ人間だ。まだまだ頑張れる。」

彼の名はラケットメーカーとして、世界に轟いた。
2019年11月11日、米山は95歳で亡くなった。



福田定一の物語。



1944年、福田は満州に居た。
大阪外国語大学の生徒だった彼は学徒出陣により学業を中断され、戦車を運転するための訓練をしていた。

「おい、ボサボサするな。さっさと戦車を前進させろ。」

機械のことなどさっぱり分からない彼は訓練生の中で落ちこぼれだった。
「前進…前進…どこをどうすればいいんだ?」

「お前は何をやってるんだ。それでも軍人の端くれか。」

成績が悪かった彼は戦地に送られることはなく、来るべき本土決戦に備える為に日本へ送り返された。

1945年、彼は栃木に居た。
いよいよ本土決戦が近いらしい。

そんな中、上陸してくる連合軍に戦車で立ち向かう作戦が伝えられた。

しかし彼には大きな疑問があった。
戦車でアメリカと戦うと言っても、この辺りに居る日本人はいったいどうなるのか。

彼は将校に質問した。
「将校。連合軍が上陸してくれば、ここらへんに住んでいる人たちは恐れをなして、北へ北へと狭い道を逃げるでしょう。そこへ我々の戦車が連合軍と戦う為に南へ南へと進む。その交通整理はどのように実施すべきでしょうか。」

将校は答えた。
「構わん。水ぎわで連合軍を叩きのめす為、南へ進むのだ。道を邪魔する者は轢き殺せ。」

福田は愕然とした。
「道を邪魔する者は轢き殺せ?俺は何のために戦車に乗るのか。この国を守るためでは無かったのか。この国を守るために、この国の逃げまどう人たちを轢き殺すのか。」

彼は涙を流していた。
「どうして日本はこんな酷いことをするようになってしまったんだ。」

その日から彼はそのことばかり考えるようになっていた。
そして8月、日本はポツダム宣言を受諾し、本土決戦は行われなかった。
しかし彼の頭にはまだあの将校の言葉がこびり付いていた。

邪魔をする者は轢き殺せ。

本来日本人はこんなでは無かったはずだ。
伝統だって人情だって誇りだってあった。
戦争が終わった今こそ、そこにフォーカスしなければならない。彼は猛烈な使命感に駆られた。
あの戦車の時代も、本当の日本の一面に違いない。でもそればかりじゃない。

仲間を助け、礼を重んじ、誇りを持つ。
そんな人たちが活躍する話を書こう。
こうして彼はペンを取り、数々の歴史小説を残していった。

史記」を書いた司馬遷には遼かに及ばない、日本の者。
筆名は司馬遼太郎とした。

江崎利一の物語。


江崎の実家は地元では有名な薬屋だった。
長男だった彼は幼い頃から薬屋を手伝っていたが、店の経営は火の車だった。
生活は苦しく、学校に行くのもままならない日々。

江崎は学ぶことが好きで、近所に住む寺子屋の先生のもとに行っては、色んなことを教えてもらっていた。

先生は言った。
「今日はお前に商売について教えてやろう。いいか、商売は自分の為だけではなく、世の中の為にやるものなんだ。自分だけ儲けるのは商売ではない。世の中が得をしなくちゃ駄目なんだ。」

「そうなんだ・・・。世の中が得をする。それが商売なんだ。」

しかし父親が亡くなってからは、自分が一家の大黒柱。
先生の言葉はすっかり忘れて、彼の頭は借金の返済でいっぱいだった。
やれる仕事は何でもやる。思いついたことは何でもがむしゃらに取り組んだ。

最初に目を付けたのは、滋養強壮の薬として飲まれていた、ワインだった。
樽に入っているワインを瓶に移し替えて売る商売を始め、これが当たって、彼は親が作った借金を全て返すことができ、家庭を持つこともできた。

そんな時、彼を悲劇が遅った。

「残念ながら、あなたの息子さんの病名は、腸チフスです。」
彼の幼い息子は、死の病と言われた腸チフスに侵された。

「仕事ばかりで息子に目が向かなかったからこんなことに・・・」
彼は酷く落ち込んだ。

息子の体重は日に日に落ちていった。
医者が言った。
「手を尽くしていますが、こればかりは何とも難しいです。」

「いかん。俺の手でなんとかしないと・・・。そう言えばこの間研究していた、牡蠣を煮た時に出る煮汁。栄養たっぷりのあの煮汁を、薬として商品化出来ないかな。」

「先生、息子に牡蠣の煮汁を与えたいです。お願いします。」

「私は責任は取りません。しかし薬屋のあなたがそういうなら、やってみたらいいです。」

彼は牡蠣の煮汁を毎日病床の息子に与えた。
すると息子はみるみるうちに元気を取り戻し、死の病と言われていた腸チフスから生還したのだった。

「やったぞ。この牡蠣のエキスはとんでもないパワーを秘めてるんだ。」

こうして彼は牡蠣のエキスで商売をすることを思い付いた。
「さあ、これでどうやって商売をするか。」

不意に、あの先生の声が彼の耳に蘇った。

世の中が得をする、それこそが商売なんだ。

「そうか、これを薬にしちゃいけないんだ。薬だと値段が高い。困っている子供の元には届かない。これはお菓子にしよう。それならきっと世の中が得をするものになる。」

こうして出来上がったのは、牡蠣のエキスから取ったグリコーゲン入りのキャラメル、グリコだった。

三浦雄一郎の物語。



青森の高校で、三浦は負けなしだった。
北海道大学に進んでも毎日スキーざんまい。
社会人になったあと、彼の目標は明確になった。
「俺はオリンピック日本代表になる。」

しかし彼はそのオリンピック代表を決めるスキー連盟のやり方に疑問を持っていた。
「すいません、こんなこと選手が言うのは筋が違うかもしれないですが、今の連盟は選手より役員の方が多い。それっておかしくないですか?役員が私腹を肥やしているとしか思えない。僕は連盟のあり方は間違っていると思います。」

結果、三浦は試合への出場資格を剥奪された。
マチュアスキーの世界から永久追放されたのだ。

「俺はもうスキーを諦めなければいけないのか。」
失意に暮れ、ふと彼は古いアルバムを開いた。
その中に、父親が撮った写真を見つけた。
「すごい写真だ。どれも父にしか撮れない、ダイナミックな写真ばかりだ。」

雄一郎の父、敬三は公務員でありながら山岳スキーヤーで、世界的な写真家でもあった。

そうか。親父は元々ある何かに自分を当てはめにいったんじゃない。自ら仕事を作り出してオリジナルな存在になったんだ。俺もこれしかない。音楽の世界では作詞作曲、編曲、歌、全部をやる人はいる。でもスキーの世界で冒険のプランを立てて、挑んで、実際に成し遂げる、そんなのやってる人はいない。
こうして彼はアドベンチャースキーというジャンルを開拓。そのパイオニアとなり、世界から注目を集めることとなった。

次の転機は60代にやってきた。
世界記録を次々と打ち立てた三浦は60才で潔く引退を宣言。講演活動をメインに行い一切のトレーニングを辞め、後進を育てる為に毎晩若者を集めて焼肉、ビールざんまいの日々を過ごした。
あっという間に体重は100kgを超えた。
医者は言った。
「高血圧、高脂血症、糖尿病…。三浦さん、これじゃ余命3年だよ。」

「何をやってるんだ俺は…。」

そこにやってきたのは90才を超えた父親の敬三。
「雄一郎。俺は99才でフランスのモンブランに行ってスキーで滑走することに決めた。お前はこれからどうする?」

「えっ、俺…?うーん、じゃあエベレストかな。そうだ、そうする。俺は70才でエベレストに登るよ。」
こうして彼は再び猛特訓を始め、冒険の世界に復帰。
宣言通り70才でエベレスト登頂に成功したのだった。
「親父、やったぞ。親父のカッコよさには及ばないけど、でも俺も俺でオンリーワンになったぞ。」

その後彼は75才、さらに80才でもエベレスト登頂に成功。
エベレストの最高齢登頂者としてその名を刻んだ。

クルト・ゲーデルの物語。



アインシュタインは言った。
「なあ、ゲーデル君。僕は君の論文を読んでたまげてしまったよ。不完全性の定理。どんな数学の理論にも、証明も反証も出来ない命題が存在する。こんなことを言ったのは君だけだよ。僕は君を尊敬する。」

ゲーデルは言った。
アインシュタインさん、分かりました。だからと言って、面接試験にまで来なくてもいいですよ。」

場所はアメリカの移民局。
ナチスドイツからの迫害を恐れて、ゲーデルアメリカへと亡命したあと、アメリカの市民権を得る為の面接を受けるところだった。
アメリカへ先に移住していたアインシュタインゲーデルのことが心配になって面接会場に駆けつけたのだった。

「君は天才だ。しかし少々物事を突き詰め過ぎてしまうことがある。面接ではそこに気をつけてくれよ。」

面接官による面接が始まった。
ゲーデルさん、アメリカがナチスドイツのような独裁国家になる可能性はあると思いますか?」

付き添っているアインシュタインは心の中で叫んだ。
ノーと言ってくれ、ノーと!何も考えず、そんなことはありません、それで面接はパスだ。

しかしゲーデルの答えはそうでは無かった。
「私はアメリカ合衆国憲法をくまなく読んで、そこに致命的な論理の矛盾があることを発見しました。だからアメリカが独裁国家になることは、あり得ます。」

アインシュタインはうなだれた。
この天才がナチスの元に強制送還されてしまったら、それは世界の損失だ。

しかし面接官の口からは意外な言葉が出た。
「もういいです、ゲーデルさん。あなたの功績は私の耳まで届いています。あなたは研究を続けるべき人だ。私は今のあなたの言葉は聞かなかった。ようこそアメリカへ。」

アメリカへ移住した後もゲーデルアインシュタインと切磋琢磨し、次々と新しい論文を書き上げた。

しかし思い込んだら止まらない彼の性格はエスカレートする。
「僕は命を狙われているかもしれない。なぜなら狙われていないということを決して証明することは出来ないからだ。じゃあ狙う方法は何だ?そうだ、毒殺だ。」

そう思い込んだ彼は、妻が作った料理以外は一切口にしないという生活をした。

悲劇は静かにやってきた。
妻が病に倒れ入院。
家に一人残された彼はみるみる痩せていった。
「自分で作った料理だって毒が含まれていないことは証明できない。だから僕は妻の帰りを待つ。」

飲まず食わずでひたすら論文を書いた。
栄養失調で病院に運ばれた時はもう手遅れ。
彼の体重は29kgにまで落ちていた。

ゲーデルは最期に言った。
「こだわりを捨てたら、それは死ぬことだ。こだわりを貫いて死ぬなら、それでいい。」