デンタルフロスの歌

音楽、歴史、ディズニーの大冒険

Roland創業者、梯郁太郎(かけはし いくたろう)の物語。


戦後の混乱期、郁太郎は結核で入院していた。
辛い闘病生活で彼を助けたのは、手先の器用さ。

「おい郁太郎くん、ちょっと見てくれよ。この時計、壊れちゃったみたいなんだ。」

「お安い御用です。明日までになおしておきます。」

頼まれた時計の修理やラジオの修理で、郁太郎は何とか医療費を支払うことが出来ていた。

よし、俺は技術者になる。
やるからには日本一を目指そう。

体が良くなり、散歩も出来るようになった彼はある日、大学の礼拝堂を訪れる。
そこで運命が変わる体験をする。

なんだこの音楽は。
こんなすごい音、今まで聴いたことがない。

「すみません、これは何という楽器なんですか?」

牧師が答える。
「これはパイプオルガンです。全部人間が作ったものなんですよ。」

「なんて凄いんだ。オルガンを作った職人、そしてそれを弾く職人。これは職人達が作った芸術なんだ。」

それ以来彼はオルガンの音色、そしてその技術の虜になる。

彼は自分が持っている電子機械の知識をフル動員させ、オルガンの音色が再現できる装置を作ることに没頭する。

納得が行く楽器が出来るまで、15年かかった。

彼はその楽器を、フランスの古い歌「La Chanson de Roland」から、Roland(ローランド )と名付けた。
そして次々に名器と言われる電子ピアノを生み出していく。

それから時が経ったある時、彼の心を揺さぶるメーカーが現れる。

アップル・コンピューターだった。

「カケハシさん、ぜひうちと一緒に新しい楽器を作りましょう。誰もが気軽に演奏できる。そんな夢の様な楽器を作ろうではありませんか。」

梯は迷った。
彼はアップル製品のファンであった。
この会社がこれから世界を変えていく会社だということが良く分かっていた。

しかしローランドは一緒に新しい楽器を作ってもいいのか。
その時、ふと彼の耳にあのパイプオルガンの音が聞こえた。

あの音が僕の原点だった。
あの演奏は実に素晴らしかった。
演奏する職人が頑張って練習する。
その結果いい音が出来る。
パイプオルガンの音色は、素晴らしい腕の演奏者が居るから素晴らしいんだ。

「すみません。せっかくの申し出ですが、ローランドは、誰でも簡単に演奏できる楽器は作りません。僕は芸術を愛する職人達が使う楽器を作りたいんです。」

こうして彼はオファーを断り、プロ向けの楽器を作り続ける道を選ぶ。

2013年、梯郁太郎は世界中のプロミュージシャンに認められた証として、グラミー賞の特別功労賞技術賞を受賞した。



ジミヘン登場の物語。


彼は陸軍に入ったが、軍隊から追放された。
ロクな男じゃなかったのだ。

でも楽器はうまかった。
色んなバンドから声がかかった。
その頃、R&Bの最大のスターと言われたリトル・リチャードのバックを務めた。
化粧をして口紅を塗った奇妙なスタイルの男。
アイズレー・ブラザーズのサブメンバーでもあった。

やがて彼はJimi James and the Blue Flamesというグループを結成。
ニューヨークのグリニッチ・ヴィレッジのカフェ「Wha?」と契約、箱バンとして夜な夜な演奏をした。
イギリスのロックグループの一人がこの店に来たとき、彼はこのバンドがやっていたある曲に引っかかった。



おいお前、ピストル持ってどこへ行くんだ?

俺は嫁を撃ちに行くんだよ。
他の男と浮気しやがって。

そりゃお前、かっこ悪いよ。

おいお前、嫁を撃ったんだって?どこへ行くんだ?

俺はメキシコに逃げるんだ。
誰も見つけられないところに逃げるんだ。


イギリスのバンドのメンバーは本人と話した。

この曲、イギリスじゃ絶対大ウケするよ。
俺と一緒にイギリスに行こうよ。
録音してレコードを出そうよ。
俺がマネージャーになるからさ。

結局1967年2月、イギリスで6位。
彼の快進撃が始まった。

この時のデモテープに彼の声が残っている。
「バンドの音をもっと上げてくれる?俺の声はもっと下げて。」
彼は自分の声に自信が無かった。

でも心の中では、「あのディランが出来るんだから、俺にも出来る」。

そう思っていた。



1960年代のCafe Wha?


現在

アーサー・ギネスの物語。

彼は生まれた時から大きな教会にいた。
彼の家系は代々その教会の中で仕事をしていた。
食事作り、掃除、壊れた箇所の補修、経理まで。
牧師に仕え、教会に纏わるあらゆることをやるのが彼の仕事だった。

そんな中でも彼が最も得意としていたのが文章を書く仕事。
牧師が彼に言う。
「今日は不動産の書類の書き写し、それから料理や飲み物のレシピの書き写しを頼むよ。」

「分かりました、先生。ぼくはもうこの書類やレシピは何回も書いているので、すっかり覚えてしまいましたよ。」

「そうか。こんなに難しい書類がスラスラ書けるなんて、お前は将来、不動産の方面に進んでもいいかもな。」
牧師がそう言うと彼はニッコリ笑って言った。

「本当ですか?不動産の仕事には興味があります。けど僕が本当にやりたいのはレシピの方かな。」

彼の亡くなった父親はビール作りの名人だった。
父親が作った秘伝のレシピは彼に取って宝物だった。
父親の手作りビールは世界1うまい。
でも手作りビールなんて所詮趣味の世界だもんな。
彼はそんな風に考えていた。

そんな中、運命を変える出来事が起きる。

病に倒れた牧師はベッドに横たわり、彼に言った。
「お前はこの教会を守るためこれまで頑張ってくれた。私が死んだら幾ばくかのお金を残すから、それで世の中の為になることをしなさい。」

彼は悩む。

世の中の為になるって何だろうか。

彼は考えながら街中を歩いていた。

そしてある発見をした。

道を挟んでこちら側は掃除が行き届いていて、活気がある。
道の向こう側は朝から酔っ払いがケンカをし、建物は落書きだらけ。

そうか。

こちら側はビールを飲む文化。
対するあちら側はジンを飲む文化だ。
安いジンを煽ったならず者が暴れ回り、街を荒らしている。
ならば僕がやれる世の中の為になること。

彼は不動産会社に行った。
「僕はビール工場を作りたいんです。どうか川沿いの土地を僕に売ってください。」
こうして不動産の知識を駆使して、水が豊富に出る川沿いの土地を安く手に入れた。
そして秘伝のビールのレシピを使って、ビール会社を設立。
彼の作った黒ビールは瞬く間に評判となっていった。

みんなが安酒を浴びるように飲む街はいずれ滅びる。
美味しいビールを今日のご褒美に適量飲む。
そんな街にならなければならない。

世の中の為になる仕事。
僕に取ってはそれは、ビール作り。

咽頭がんを発表。デイヴ・ムステイン大佐を応援しよう!


ヘヴィメタルファンに取っては言葉を失うようなニュースだが、6月17日、Megadethのフロントマン、デイヴ・ムステインが咽頭がんと診断されたことをインスタグラムで発表した。
すでに1.4万件を超える激励コメントが寄せられている。日本のファンのみんなも、是非応援コメントを書きこもう。日本語でもいいと思う(世界中から応援が集まってる感が出る)。



言うまでもないが、Megadethヘヴィメタルというジャンル全体を代表するバンドの1つであり、その創設者、リーダー、ソングライターであるデイヴ・ムステインはヘヴィメタルシーン最高のフロントマンの1人だ。


デイヴ・ムステインは1981年に新聞での求人を通じてMetallicaに加入するも、問題行動が仇となり1983年にバンドをクビになる。
その後Metallicaを超えるバンドを作るべく、たまたま同じアパートに住んでいたデイヴィッド・エレフソンとMegadethを結成。テクニカルかつ複雑な切れ味鋭いリフ、攻撃的な歌詞で世界的人気を博し、Metallica、Slayer、Anthraxらとともにスラッシュメタルの「Big 4」と呼ばれるようになった。

2nd「Peace Sells…But Who's Buying?」、4th「Rust in Peace」、5th「Countdown to Extinction(破滅へのカウントダウン)」は歴史的名盤とされ、1990年から6年連続でグラミー賞にノミネート。
2016年の最新作「Dystopia」もグラミー賞のベストメタルアルバムを受賞した傑作だ。
※知らない人は居ないと思うが、今お茶の間タレントになっているマーティー・フリードマンMegadeth全盛期を支えた本物の世界的ギタリストだ。


その攻撃的な音楽性や過去の経緯から、ヤバい奴と思われがちなデイヴ。
確かにMegadethをスタートした当初はMetallicaへの対抗心から音楽活動をしていたのだろうし、インタビューでも若干引いてしまうような発言も少なくなかった。
しかし時代は流れ、Megadethがデビューしてから36年、デイヴは57歳。
当然彼は丸くなったし、富も名声に手に入れた。
今は対抗心などではなく、より自由で幅広い創作意欲から音楽活動を続けているように感じられる。現にMetallicaのメンバーともすでに和解をしている(ラーズにはまだ不満があるようだが…)。


唯一無二の音楽スタイル、コンスタントな創作活動、圧倒的なライブパフォーマンスでヘヴィメタルというジャンルの進化に多大な貢献をしてきたデイヴ・ムステイン。

治療を無事終え元気を取り戻した彼をステージでまた見られる日を心待ちにしたい。その時はどんなパフォーマンスであれ、全力で拍手を送る。
デイヴが居なかった期間のヘヴィメタルシーンには、きっと彼の形をした穴がぽっかりと空いていたに違いないのだから。
それくらい彼はこのジャンルに取って大きな存在だということを、彼の不在は知らしめてくれるはずだ。
ガンは大佐に勝てやしないのだ。



〜私は咽頭がんであると診断された。
真剣に捉え、正面から向き合わなければならないことだが、私はこれまでだって、幾つもの障害と向き合ってきたのだ。
医者と話し合い、90%以上の確率で治癒できる治療プランを編み出した。治療は既に始まっている。
残念だが、今年のコンサートはほぼ全てキャンセルすることになる。「2019メガクルーズ」は実施され、我々は何らかの形で参加する。

Megadethはツアーに戻ってくる。
出来るだけ早く。

それまでの間、キコ、デイヴィッド、ダークと私はスタジオで「Dystopia」に次ぐアルバム作りを行う。聴くのが自分でも待ちきれない気分だ。
家族、メンバー、医療チーム、トレーナー、全員に感謝をする。
近況はこれからも絶えずみんなに伝える。

また会おう。

デイヴ・ムステイン(インスタグラムコメント)


ロブ・ハルフォードの最近のインスタを晒すだけの記事①



以前も紹介したが、僕らのヒーロー、ロブ・ハルフォードのインスタは傑作だ。
布教活動の一環として、我らが深く敬愛するメタルゴッドの直近の動向を晒していく。




東京タワーイェーイ!



Slayerのメンバーと!



Tacocat、逆から読んでもTacocat…。



グレンと楽屋にて。



顔変アプリで遊ぶ鋼鉄の神々。



イースターバニーを食ってやるぜ!



ホームセンターの防犯カメラで遊ぶ神。



盟友と!



メタルなサボテンを見つけたぜ!



母の日。



スマホをいじる鋼鉄の神々



今後定期的にメタルゴッドの動向を掲示していきたいと思う。


面白いと思ったらフォローしよう!


目下最新作の「Firepower」はソニー・ミュージックから絶賛発売中!ぜひチェックしてくれよな!

※この記事は宗教拡大の意図のみに基づいており、広告収入等は一切受け取っておりません。

ロック界のLGBTヒーロー達15人。


ロックカルチャーは、もともと「既成概念への対抗」や「自由の信奉」といった、どちらかというとリベラル寄りのイデオロギーを含有している。
つまり、成り立ちからしLGBT権利拡大との親和性が高い。
アーティスト達がLGBTであるかどうか、というのは、彼らの音楽を前にすれば取るに足らない問題だ。
しかし一方、彼らのカミングアウトや発言は、LGBTのみならず、多くのマイノリティに勇気を与えてくれる。

ここでは、社会の少数者に勇気を与えてくれるロック界のヒーロー達を紹介する。



エルトン・ジョン

1970年代にバイセクシュアルであると公言し、その約10年後にゲイであることをカミングアウト。2005年に男性の恋人と結婚している。


ロブ・ハルフォード

周知の事実ではあったものの、90年代にゲイをカミングアウト。LGBTのメタルファンに大きな勇気を与えている。


ジー・ヘイル

Halestormのヴォーカル&ギター。2014年にバイセクシュアルであることをカミングアウトした。


デイヴィッド・ボウイ

1972年にゲイをカミングアウト、1976年にバイセクシュアルをカミングアウト、その後ストレートなど、実際のところどうだったのかは分からない。自身にキャラクター性を持たせる為の発言とも思われるが、彼が実際にどうだったか、ということより、とにかく彼がLGBTの肯定を主張していた、という事実が肝心。


フレディー・マーキュリー

ボヘミアン・ラプソディ」でもご覧の通り、1984年から亡くなるまでジム・ハットンと交際した。ジムはフレディが命を落とす時までそばに寄り添っていた。またジムはフレディによると思われるHIVに感染したが、心配をかけたくないが為、そのことを口外していなかった。フレディの死は、LGBTの認知に大きな影響を与えた。


ジャニス・ジョップリン

時代もあり(1960年代)カミングアウトはしなかったが、複数の男性や女性と自由な交際をしていた。


ボーイ・ジョージ

カルチャー・クラブのヴォーカル。1985年からバイセクシュアルであることを公言。自伝やドキュメンタリー映画の中で、過去の恋愛経歴や、悩みなどを語っている。


ビリー・ジョー・アームストロング

Green Dayヴォーカル兼ギター。
1995年にバイセクシュアルを公言。
「バークリーやサンフランシスコに住んでると、人々は自身がゲイやバイセクシュアルやトランスジェンダーや、何にせよ、そのことをオープンに話す。ゲイの結婚が認められつつあり、それは全体の受容性に良い影響を与える。これは社会に取って、発見のプロセスでもある。僕も、何にだってチャレンジしていくつもりだ。」


モリッシー

ザ・スミスのヴォーカルとして知られる。
彼の性的嗜好は、長年に渡りイギリスのマスコミから好奇の的とされた。
「僕はゲイやバイといった言葉を使いたくはない。そういった人がポップカルチャーに存在しているのは重要なことだと思う。しかしそれらの単語は時として人を傷つけ、困惑させ、不幸にする。だからその言葉を使うことをやめにしたいんだ。」


デズモンド・チャイルド

Bon JoviAerosmith、Kissなどの数々の名曲を手掛けてきた名プロデューサー。男性と結婚し、養子として迎え入れた双子の息子を育て上げた。両腕に掘られている「Nyro」「Roman」は息子達の名前。


アダム・ランバート

オーディション番組「アメリカン・アイドル」でブレイク、現在Queenのフロントマンとしてツアーを行っている。
現代のLGBT権利拡大活動の旗振り役の一人であり、数多くのチャリティー活動を立ち上げている。
「僕を有名にしてくれたこの社会に大きな恩を感じている。この著名性を、善い行いに使うことで世の中に恩返しをする責任が僕にはある。」


リトル・リチャード

ロックンロールの創始者の一人。
子供の頃、言動が女の子っぽいことが理由で父親から嫌われ、友人からいじめにも合う。
「白人の女を追わない奴だと白人の男に理解してもらう為にも、必ず毎朝化粧をする。しかも化粧は自分をカラフルにしてくれるから一石二鳥だ。」
とはいえそのルックスから、女性人気は非常に高かった。


ルー・リード

The Velvet Undergroundのヴォーカル兼ギター。
1960年代に、バイセクシュアルを公言した最初のミュージシャンの一人。実際に彼がゲイであったのかどうかは不明ともされているが、1960年代において、彼の言動や歌詞で「ストレートじゃなくていいんだ」と多くのロックファンが勇気づけられた。


ジョージ・マイケル

Whamで有名になり、ソロでも活躍したイギリスの国民的シンガー。
多くの対エイズキャンペーン活動を行った。


ピンク

LGBT以外にも動物愛護、子供の保護など多くのキャンペーン活動に参加している。
自身の性的嗜好については「定義していない。その必要性を感じない」としている。


世界中に広がりつつあるLGBTの権利拡大運動だが、道はまだ半ば。
10人に1人はLGBT
何もおかしいことではないのだと彼らは体現し続ける。

アンドレ・マトス追悼。Angra初代ヴォーカリストの半生を振り返る。

6月8日、ブラジルのヘヴィメタルバンドAngraのオリジナルヴォーカリストアンドレ・マトスが死去した。心臓発作と見られている。


多くのアーティストから追悼の声が集まっている。


世界のヘヴィメタルシーンにおいてブラジルの地位を高め、メロディックパワーメタルというジャンルを代表するバンドであるAngraの創設メンバーだったアンドレ・マトス。
彼の半生を振り返る。


マトスは1971年、サンパウロで産まれた。
10才の頃にピアノを始め、中学になると音楽好きの友人たちと部屋に集まって、好きなバンドのレコードを聴いた。
その友人たちと組んだのが最初のバンド、Viper。この時マトスは13才だった。

活動するにしたがって、Viperの他のメンバーはよりヘヴィなサウンドを嗜好するようになった。クラシック音楽に近いサウンドに興味を持つようになったマトスは脱退する。
Viper脱退後、彼ニ改めて音楽学校に通い、オーケストラや音楽理論の勉強をする。
その学校で彼はラファエル・ビッテンコートと出会う。

意気投合した彼らはバンドを結成し、すぐに一緒に曲を書き始めた。

バンド名はAngra(アングラ)。
ブラジル神話の炎の女神から名前を引用したこのバンドは、現在に至るまでメロディックパワーメタルというジャンルを代表するバンドの1つとなる。

デビューアルバム「Angels Cry」は、日本とヨーロッパでヒットを記録、日本ではゴールド・ディスクを獲得した。
このアルバムにはヘヴィメタル史に残る名曲「Carry On」も収録された。

Helloween譲りのドラマチックなメロディックパワーメタルサウンドに、ブラジルのラテンミュージックのリズムを掛け合わせた独特のサウンドで人気を手にした彼らは、2枚目の「Holy Land」3枚目の「Fireworks」とヒットを連発する。
しかし「Fireworks」のツアー後、マトスはバンドのマネジメントを巡り言い争いとなり、Angraを脱退する。

Angraを脱退したマトスはShaaman(シャーマン)を結成。
1枚目の「Ritual」、2ndの「Reason」はいずれもヒットを記録した。

2007年にShaamanを脱退したマトスはソロ・アルバム「Time to Be Free」をリリース。これは彼の最高傑作の1つとなり、再び世界的な成功を収める。ヒットしたものの、このアルバムに伴うミュージックビデオは、日本のファンの為に作られたカバー曲のビデオだけであった。

2009年にはソロとして2枚目の「Mentalize」をリリース、2012年にはViper25周年を記念した再結成ツアーを行った。
キャリア初期から晩年に至るまで、彼の最大の支持基盤は、母国ブラジルと、ここ日本であった。

日本語で演歌も歌っている。



メロディックパワーメタルというジャンルを築き上げた功労者の一人であり、日本と相思相愛の関係でもあり続けたアンドレ・マトス。
47年という短い生涯ではあったが、ブラジルのヘヴィメタルシーンのパイオニアとして、そしてAngraという偉大なバンドのヴォーカリストとして、彼はヘヴィメタルの歴史から忘れ去られることはない。



さあ、歩み続けるんだ
人生には意味がある
きっといつかその意味を見つけることが出来るだろう

歩み続けるんだ
過去の思い出は捨てて
歩み続ける

Carry On/ Angra