デンタルフロスの歌

音楽、歴史、ディズニーの大冒険

みんな大好き、モータウン・サウンドの代表的アーティスト12選。


1960年代、アメリカ市場においてビートルズに渡り合っていたのはローリング・ストーンズではなく、モータウンのアーティスト達だった。
一瞬で聴き手の耳を奪う華やかなキャッチーさ、軽やかなリズムに滑らかなメロディ、清潔感のあるファッション。
ベリー・ゴーディ・ジュニアがデトロイトのウェスト・グランド・ブールヴァド2468番地に立ち上げたモータウンレコードは、名曲の数々を世に送り出し、栄華を極めた。

60年代〜70年代のモータウン黄金期、レーベルを代表したスター12人を振り返る。



マーヴィン・ゲイ

モータウンの男性シンガーを一人挙げろと言われれば、この人。
60年代中盤にはタミー・テレルとのデュエットで「Ain't No Mountain High Enough」などヒット曲を連発し大スターに。
しかしタミーは1967年、ステージ上でデュエット中、文字通り彼の腕の中で倒れる。脳腫瘍だった。
タミーが倒れたあと、それまでの大衆路線に疑問を持っていたマーヴィンは路線変更。
ベトナム戦争や貧困について歌った1971年の「What's Goin' On」はソウルミュージックが産んだ最高傑作の1つとなった。
1983年44歳の時、父親に射殺され生涯を閉じる。



スティーヴィー・ワンダー

言わずと知れた、ポップス史に名を残す天才。デビューからレーベルはモータウン一筋。ピアノ、ハーモニカ、ドラム、ベースなどを自らプレイするマルチプレイヤー。特にハーモニカとドラムは超一流(そもそも天才ハーモニカプレイヤーとして子供の頃声をかけられた)。ジャンルや時代の壁を超越した楽曲の数々を生み出し、世界中のミュージシャンからリスペクトを集めている。グラミー賞では最多の計22部門を受賞。



スモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズ

モータウンレーベル創立者の1人で、長く副社長も務めたスモーキー・ロビンソンのグループ。「You've Really Got a Hold on Me」「The Track of My Tears」などのヒットを放ち、ビートルズローリングストーンズにもカヴァーされる。ミラクルズ解散後は作曲家としてアーティストに楽曲を提供、ソロ活動でも活躍を続ける。ブラック・ミュージック界を代表する大御所として現在も活動中。



ザ・フォー・トップス

モータウンサウンドを確率したグループの1つ。リード・シンガーのリーヴァイ・スタップスは当時世界1のシンガーとも言われた。スタップスは2008年に亡くなった。1965年「I Can't Help Myself」、1966年「Reach Out, I'll Be There」で全米1位を獲得。オリジナルメンバー2人と、新メンバー2人で現在も活動を継続中。



ザ・テンプテーションズ

「My Girl」「Just My Imagination」などのヒット曲を出したモータウンを代表するグループ。別格のハーモニーや、スタイリッシュなファッションで人気を博した。写真をご覧の通り、メンバー全員超男前。R&B、ソウルミュージックの進化に多大な貢献をした。



ジャクソン・ファイブ

ご存知マイケル擁する兄弟グループ。1968年〜1975年までモータウンに在籍した。エピックレコードに移籍後はジャクソンズに改名。
デビューから「I Want You Back」「ABC」「The Love You Save」「I'll Be There」など全米1位を連発し、国を代表する人気グループに。黒人アイドルとして初めて白人に受け入れられた存在、ボーイズグループのパイオニアマイケル・ジャクソンを産んだグループとして後の音楽業界に多大な影響を残す。



ザ・スプリームズ

ダイアナ・ロス擁する女性トリオヴォーカルグループ。「Where Did Our Love Go」「You Can't Hurry Love」「Baby Love」など全米1位を連発。ダイアナ以外の2人も高い歌唱力を誇っていたのだが、途中からは事実上のダイアナ独裁体制に。1967年にはグループ名も「ダイアナ・ロス&ザ・スプリームズ」に改名。
おそらく多くの人に取って、モータウンのイメージというとこのグループなのではないだろうか。ミュージカル「ドリームガールズ」は彼女たちがモデルとなっている。



ザ・マーヴェレッツ

高校の合唱グループで結成、モータウン初の全米1位シングル「Please Mr.Postman」(1961年)で知られる。この曲はビートルズもカヴァーした。ガールズグループの先駆者であるが、後のザ・スプリームズ登場によって影が薄れてしまう。



グラディス・ナイト&ザ・ピップス

「ソウルの女帝」グラディス・ナイトが7才の時に兄弟、いとこと結成したグループ。モータウン時代は「I Heart it Through The Grape Vine」が全米2位のヒット。ブッダレーベル移籍後に全盛期を迎える。



タミー・テレル

10代でデビュー、ジェームズ・ブラウンのレーベルでリリースした「I Cried」がヒットするが、当時ジェームズ・ブラウンの愛人でもあったタミーは彼の虐待に耐えかね、レーベルを逃れる。
20才でモータウンに移籍し、「I Can't Believe You Love Me」などヒット曲を出すが、今度はテンプテーションズのデイヴィッド・ラフィンと愛人関係になり、別れ話のもつれからハンマーで頭を叩かれる。
その後マーヴィン・ゲイとのデュエット「Ain't No Mountain High Enough」などで一躍スターになるが、22才の時にステージ上で脳腫瘍で倒れる。手術後もマーヴィンとのデュエット「Ain't Nothing Like The Real Thing」などヒット曲を出すが、24才で亡くなった。
マーヴィンとの間に本当のロマンスは無かったが、信頼し合った最高のパートナーだったと言われる。



マーサ&ザ・ヴァンデラズ

マーサ・リーヴス擁する女性ヴォーカルグループ。「(Love is Like a)Heat Wave」、「Dancing in The Streets」のヒットで
知られる。後者はミック・ジャガーとディヴィッド・ボウイのデュエット・カヴァーでも有名。1972年に解散後、マーサはソロ活動に転向。



メアリー・ウェルズ

モータウンの女王として知られる、初期モータウンを代表する女性シンガー。
「My Guy」「You Beat Me to The Punch」がヒットを記録。



華やかで誰からも愛されるポップスサウンドで時代を築き、また音楽界における人種間の壁を取り除くことに貢献したモータウンのアーティスト達。その魅力的なサウンドスタイルは現代のミュージシャンにも多大な影響を与えている。
最高にポップで最高にキャッチーな、華やかさの結晶とも言える音楽に是非触れてみよう。


タミー・テレルとマーヴィン・ゲイ。2人とも悲劇的な最期を迎えたが、この最高のデュエットは現在に至るまで男女デュエットのお手本とされる。